スマホゲームラボ

スマホゲームを中心とした、日常、画像、時事情報、面白ネタをまとめるまとめサイトです。 ボルゾイKOUTAブログも管理しています。そちらもよろしくお願いします。





    ゲーム好きな人や得意な人は攻略情報のコメントやアドバイスをお願いします。

    カテゴリ: 社会ニュース


    デル人気モデル「Inspiron 11 3000 2-in-1」を3万円台前半で手に入れよう!
    ASCII.jp

    【元記事をASCII.jpで読む】

     デルは、2in1ノートパソコン「Inspiron 11 3000 2-in-1」の価格を3万3231円にするキャンペーンを実施している(最新の構成例/価格はデルの公式サイトを参照していただきたい)。

     「Inspiron 11 3000 2-in-1」は360度回転ヒンジを採用しタブレットモード、スタンドモード、テントモード、ノートパソコンモードの4つモードでシーンに合わせて使用可能だ。光沢仕上げの色鮮やかなレッドとホワイトのカラバリをラインアップしている。

     「Inspiron 11 3000 2-in-1」は必要十分なポートを備えており、21mm未満の薄さと最小重量1.21kgを実現。持ち運び用途に適したノートパソコンだ。

     キャンペーンの対象ラインアップは「Inspiron 11 3000 2-in-1 エントリー・タッチパネル」。標準構成はインテル Celeron プロセッサー N3060、4GBメモリー、インテル HDグラフィックス、32GB eMMC ストレージ、11.6型HDディスプレー(1366×768ドット)、Windows 10 Home 64bit。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>






    ゲームPC「NEW ALIENWARE AURORA」が最大2万4000円オフ!
    ASCII.jp

    【元記事をASCII.jpで読む】

     デルは、ゲーミングデスクトップ「NEW ALIENWARE AURORA」の価格を最大2万4000円オフにするキャンペーンを実施中だ(最新の構成例/価格はデルの公式サイトを参照していただきたい)。

     ALIENWARE Area-51で採用された温度に関する人間工学をもとに、前面パネル上と右側パネル上に最適な空気取り入れ口、本体上部に排気ファンを設置。強力な通気と冷却を可能にした。 デュアルグラフィックスや液体冷却機能にも対応する。

     「NEW ALIENWARE AURORA」はオーバークロック設計で、最大4コアのインテル第7世代プロセッサー、オプションのCPU水冷機能、最大64GBのDDR4(2400Mhz)や最大32GBのXMP DDR4(2667Mhz)メモリーを搭載できる。PCIe SSD1台とSSD4台を組み合わせた最大5台のソリッド・ステート・ドライブにより、ゲーミング環境に合わせて容量の拡張が可能だ。さらに、ビデオカードの総消費電力は600Wをサポートする。

     「NEW ALIENWARE AURORA」は、UHD 4K以上の解像度でのゲームを使用したテストとベンチマークおよび合成ベンチマークの結果で、鮮明な解像度と卓越したフレームレートを実現したという。また、オプションでGeForce GTX Titan X Pascalなども搭載できる。

    前面のポート/スロット
    1)ヘッドフォン1/8インチポート x 1、2)マイク1/8インチポート×1、3)SuperSpeed USB 3.0ポート×4

    背面のポート/スロット
    1)SPDIFデジタル出力(Coax)×1、2)SPDIFデジタル出力(TOSLINK)×1、3)RJ-45 Killerギガビットイーサネット×1、4)高速USB 2.0ポート×6、5)DisplayPort×1、6)SuperSpeed 10 Gbps USB 3.1 Type-C×1、6)SuperSpeed 10 Gbps USB 3.1 Type-A×1、7)背面L/Rサラウンド×1、8)SuperSpeed USB 3.0ポート×3

     対象となるのはALIENWARE AURORA プラチナ VRなど4モデル。ALIENWARE AURORA プラチナ VRの構成は Core i7-7700、16GBメモリー、GeForce GTX 1080、256GB SSD、2TB HDD、Windows 10 Home 64bit。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>






    画像提供:マイナビニュース
    マイナビニュース

    マウスコンピューターは、東京ゲームショウ 2017で開催するWorld of Tanksのメーカー対抗イベント「第3次メーカー対抗トーナメント」への参加を記念した「TGS メーカー対抗戦 参加記念キャンペーン」を9月12日から26日まで実施する。「G-Tune」ブランドの対象ゲーミングPCを5,000円引きで販売するほか、HDD無償アップグレードを行う。

    キャンペーンでは、ゲーム配信コミュニティ「裏・顔TV!」のメンバー推奨ゲーミングPC「NEXTGEAR-MICRO im570BA8-TV」、World of Tanks推奨PC「NEXTGEAR-MICRO im570BA7-WOT」をそれぞれ通常価格から5,000円引きの税別84,800円で販売。

    構成はいずれもCPUがIntel Core i5-7400(3.0GHz)、チップセットがIntel H110、メモリが8GB PC4-19200、ストレージが1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1050 2GB、電源が500W 80PLUS SILVER、OSがWindows 10 Home 64bit。

    また、World of Tanks推奨PCの上位モデル「NEXTGEAR-MICRO im570SA9-WOT」は、搭載するHDDの容量を1TBから3TBに無償でアップグレードする。構成はCPUがIntel Core i7-7700(3.6GHz)、チップセットがIntel H110、メモリが16GB PC4-19200、ストレージが240GB SSD + 1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1060 3GB、電源が500W 80PLUS SILVER、OSがWindows 10 Home 64bit。価格は税別132,800円。

    ○第3次メーカー対抗トーナメント参加に向けて生配信も実施

    9月11日22時からニコニコ生放送で、第3次メーカー対抗トーナメント参加に向けた「TGS作戦会議&VR体験会!」を配信する。プロゲーマーのかずのこさん、グラビアアイドルの倉持由香さん、吉田沙希さんが出演し、トーナメント概要や当日使用する車輛を紹介するほか、参謀にT_Natoriさんを招いて作戦会議を行う。

    また、ゲーミングPCのデモとして、VRホラーゲーム「ChainMan」の実況プレイを開発者の桜花一門さんとともに紹介するという。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    WOTなら、CPUは6年前のアッパーミドル、GPUは4年前のアッパーミドルでもALL最高設定で80fps出る。ゲーミングPCは不要。


    顔がWOTやってたの4年前ぐらいだよな、最近まだやってんのかね。


    電源心配している人が多いね。有効420W負荷時350Wくらいの構成だからマージンもあるからセーフ。上位グラボ換装とかは一発でアウト。


    搭載してるGTXのワンランクグレードアップとかで良いとおもいます


    ゲーミングPCなのかな


    上位モデルなのにグラボテンロクなのか…


    作るから、いらない。


    5千円値引きするからって言われてPC買う時期にする人どれくらいいるんだろう…


    二、三十万するPCで5000円引きは焼け石に水なのでは……そりゃ追加メモリ飼うくらいの余裕はできると思うけどさぁ


    なんだこの*PC


    電源とかファンとか付け替えたらあっさり飛ぶ金額ですな。いや、そのための費用だと思えば良いのか。買わんけど。


    大体のPCは真っ先に電源がイカれるので乗せ替えが面倒なMicroATXは選択肢には入らないなぁ…


    ゲーミングノートPCの故障は使用者の部屋が汚いのと絨毯とか寝床みたいな通気口を塞ぐ排熱がこもる場所での運用が殆だと思うんですけどね。


    どうせなら5万円とか10万値引き!したら素晴らしいのに


    グッドウィルでもこれくらいのやつあるなあ。 GTXは高い


    i7がいい


    情弱は買うんだろうね^^;自作、神!w


    税の分にすらならないんだよなあ


    5000円とかちょくちょくあるから引かれた内に入らん







    マレーシアでのSteamアクセスブロック解除!『Fight of Gods』は販売停止に
    Game*Spark

    海外メディアPC GamesNは、マレーシア国内からのアクセスがブロックされていたSteamへのアクセスが可能になったことを報じました。

    【大きい画像を見る】マレーシアでのSteamアクセスブロック解除!『Fight of Gods』は販売停止に


    Digital Crafterが開発した神仏対戦格闘『Fight of Gods』の是非に起因するマレーシア国内からのSteamアクセスブロックですが、PC GamesNによれば、Valveはマレーシア国内での『Fight of Gods』販売を停止したとのこと。これにより、マレーシア国内におけるSteamアクセスへのブロックの大部分が解除されたそうです。しかしながら、一部のインターネットサービスプロバイダはまだSteamストアへのアクセスを許可していないとも伝えられています。

    なお、現時点で日本国内から『Fight of Gods』は問題なく購入可能です。【ほかの画像を見る】マレーシアでのSteamアクセスブロック解除!『Fight of Gods』は販売停止に



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>






    経緯の説明
    ねとらぼ

     オンラインゲーム「ブレイドアンドソウル(Blade&Soul)」が、ファッションブランド「NO.S PROJECT」が今夏発表した新作アイテム「セーラービーチウェア」のデザインを盗用したとされる問題で、双方から公式コメントが発表されました。

    【画像】盗用の指摘があった衣装

     盗用されたのではないかと話題になっていたのは8月16日からゲーム内に実装された衣装アイテム「月の海」の女性キャラクター着用時のデザイン、「満月紀行」着用時のデザイン。

     実装直後から、「NO.S PROJECT」のセーラービーチウェアを知るユーザーから「似ている」と指摘が挙がり、「NO.S PROJECT」への問い合わせが殺到。公式Twitterで「公式コラボは行っておりません」と発表され、事態の雲行きが怪しくなっていました。

     その後「ブレイドアンドソウル」の日本国内でのサービス運営を手がける「エヌ・シー・ジャパン」と「NO.S PROJECT」の間で協議が行われ、9月7日になって双方から問題が発生した経緯と今後についてのお知らせが公開されました。

     エヌ・シー・ジャパン側は「『月の海』『満月紀行』も同様のデザインコンセプトであると判断致しました」「内容を精査した結果、『月の海』の女性キャラクター着用時、および『満月紀行』着用時におけるデザインの酷似が認められました」と、全面的に否を認めたもよう。

     「日本でセーラー服を模した水着に人気がある」とセーラービーチウェアを紹介した韓国のニュースサイトの記事を見た開発元がデザインの資料としたものが、アイテム制作を進めるなかでデザイン案の中に混入してしまったことが原因としています。

     エヌ・シー・ジャパンからNO.S PROJECTへ正式に謝罪があり、両陣営の間で協議の末、盗用問題は解決となりました。

     しかし、ここから異例といえる新展開が。「NO.S PROJECT」の代表・山名 和子さんから、「NO.S PROJECTのブランドイメージを大切にして頂けると判断致しましたので、協議の上、業務協定基本契約書を交わしましたことを併せてご報告いたします」と発表され、問題となった衣装アイテム「月の海」「満月紀行」を公認すること、「ブレイドアンドソウル」との間で正式なコラボレーション企画が行われることが明らかになりました。

     コラボレーションの内容は、問題となったコスチューム2点に「月の湖」を加えたゲーム内の衣装アイテム3点セットに、「NO.S PROJECT」のセーラー服をモチーフにしたデザインで人気のポーチ「セーラーカラーマリンポーチ」を抽選で5人にプレゼントするというもの。まさかの現物です。

     さらに「NO.S PROJECT」が手がけるアイテムがゲーム内に実装されることも決定しており、スカートやワンピースなど、全10アイテムを対象にユーザー投票を受け付ける特設ページがオープンしています。

     盗用問題が円満に解決しただけでなく、一歩踏み込んでコラボ企画にまで発展させる形で問題解決を迎えることは珍しいこと。

     双方のファンからも無事に解決したことを安堵するとともに、新たな企画が動きだしたことを喜ぶ声も挙がっており、この件は円満な解決を迎えることが難しい盗用問題における好例の1つとして記憶されそうです。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    公認でもファンが潰したまいてつの例があるから無理に叩きたい奴がいる感じだな、まぁ、悪い方向ばかりひろげてるな。


    メディアつぶしをよくやるねエ


    トレ-スとかコピペとか本来は駄目だからね、訴えようが訴えまいがその方々の方針は神対応です(´・ω・`)


    佐野 研二郎のオリンピックロゴをデザイナーの目から見ると全然違うとか擁護していた人達に判断してもらおう。


    セーラーを水着に落とし込むと、似たようなデザインになっちゃうのは仕方ない。けど、胸元の紐の編み込み?まで似てるのはダメだね。


    コメにある様に色々な場であったデザインでこのブランドが実商品にしたとはいえ、デザイン自体はあんまり人の事言えなかったからじゃ


    元の水着の方も出た瞬間に摩耶鳥海言われまくってたやん?


    こういっちゃなんだが…誰でも考え付きそうなコスなんですが


    NO.S PROJECT側が神対応過ぎ。商品アイデアの盗用なんて、徹底抗戦するものなのに、こんな対応を会社挙げて出来るとは


    ニコ動の陰陽師みたいなもんだな 著作権違反だけど宣伝になったから許可するみたいな感じ(正確には違うと思うけど)


    三浦健●郎「あれ?俺の描いてるドラゴン*パクられまくってね?」


    逆手に取って売りにするのはうまいね、オンゲーでコラボって知ってもらえたらいろんなゲームでいろんなことができそうだね


    艦これの鳥海っぽい


    円満解決できただけ、十分ですよね。下手したら訴訟沙汰だったわけですし。


    個人的には盗用っぽいと思ったけど円満和解したならいいんじゃない?……でもこういう衣装昔から他の作品やAVでも見かけr(ry


    NCソフトだとブレソどころかリネージュ1さえいまだ日本稼働中


    そもそも、セーラー水着は某ナイセンさんもビッカメ娘で採用してる件。著作云々いうならゲーム外にも発展するんじゃなかろうか。


    異例だってやりたいだけでしょ。でも、DQ10で先にやってんだよなあ


    実際は権利側が「盗用だ!ふざけんな!」みたいな感じで決裂して終わるみたいな感じが多いだけにこういうのは喜ばしい






    こちらもおすすめ!


    このページのトップヘ