スマホゲームラボ

スマホゲームを中心とした、日常、画像、時事情報、面白ネタをまとめるまとめサイトです。 ボルゾイKOUTAブログも管理しています。そちらもよろしくお願いします。





    ゲーム好きな人や得意な人は攻略情報のコメントやアドバイスをお願いします。

    カテゴリ: 攻略情報


    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条
    INSIDE

    『スプラトゥーン2』、楽しんでいますか? 発売日に購入してさっそく遊びまくっているイカたちも多いと思われますが、少し心配なのは本作から参戦した初心者の皆さんのことです。バトルに飛び込んだのはいいものの、何をしたらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

    【大きい画像を見る】【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条


    今回はそんな初心者の皆さんのために、『スプラトゥーン2』のバトルにおける基本的なコツをお伝えします。この“戦場の鉄則”を知れば、バトルで自分が何をすべきかわかっていくことでしょう。

    ◆塗る
    何はともあれ塗りましょう。ナワバリバトルではより多くインクを塗ったほうが勝ちに近づきますし、自軍のインクが広がっていればそれだけ動きやすくなります。相手のインクを踏んでしまうと足が取られるので敵は近づきにくくなりますし、インクの中に隠れている敵をあぶり出すこともできます。塗らずに突っ込んでやられ続けるのは、チームを敗北に導くようなものです。

    塗らないほうがいい状況があるとすれば、それは敵と遭遇した時です。さすがにそういう場合は先に敵を狙いましょう。もし撃ち勝つ自信がなければ迂回して、塗りつつ敵の背後を取るように移動するといいかもしれません。

    ◆綺麗に塗る
    一口に塗ると言ってもやり方があります。いい加減にインクをばらまくと塗りポイントは稼ぎやすくなりますが、残った部分を塗り直す味方が苦労してしまいます。なるべく丁寧に、コツを掴んできたら効率よく綺麗に塗る方法を覚えていきましょう。

    たとえば上記画像のようなタチウオパーキングの坂道、ローラーで中央を一気に塗ってしまうと左右に塗り残しができてしまい、あとから塗り直す味方が大変です。もしローラーで塗る場合は端から塗るようにすると綺麗に塗れます。

    ◆ジャッジくん&コジャッジくんの話を聞く
    ロビーの近くにいるジャッジくんは、バトルに関するさまざまなアドバイスをしてくれます。猫好きの方以外はあまり話しかけようと思わないかもしれませんが、バトルを終えて広場に戻ったら積極的に話しかけてみるといいでしょう。

    時にはコジャッジくんのほうがアドバイスをくれることも。ふわふわでとてもかわいいコジャッジくんですが、その喋り方はなんだかものすごいマジメ。意外とすごい猫なのかも……?

    ◆さんぽをする
    ナワバリバトルもガチマッチの各種ルールも「さんぽ」をすることができます。これはその時間帯に遊べるステージをひとりで自由に散策できるというもので、要はバトルの前に下見ができるというわけです。やり方はロビー画面でYボタンを押すだけ。

    はじめてのステージはどう動けばいいかわからないと思うので、さんぽでルートをきちんと確認しておきましょう。『スプラトゥーン2』のステージは基本的に左・中央・右の3ルートに別れており、仲間とバランス良く別れることができれば勝ちやすくなります。自分がどこへ行くか、仲間がどこへ行っているのかを知るために、ステージをぶらぶらさんぽしましょう。

    ◆ヒーローモードに挑戦する
    ヒーローモードは既にプレイしていますか? 広場にいる和服の女性を追いかけるとひとりプレイ用モードであるヒーローモードを遊ぶことができます。これはオオデンチナマズを奪ったオクタリアンと戦うというものですが、実はバトルで役立つさまざまなテクニックが詰まっています。

    それこそこのモードで教えてもらえる戦場の鉄則はたいへん役立ちますし、動く相手にインクを当てる練習にもなります。ついでに今回のヒーローモードはさまざまなブキを使うことができるため、ブキの基礎を学ぶことも可能です。

    ◆いろいろなブキを使ってみる
    ランクが上がってくるとカンブリアームズでさまざまなブキを買えるようになるので、お金が許す限りいろいろと買ってみましょう。どうしても最初はひとつのブキに固執しがちですが、「敵を知り己を知れば百戦危うからず」という言葉があるように、相手が使うであろうブキのことも知っておきたいところです。

    新しいブキを買ったらまずは試し打ちをしてみましょう。どのくらいの射程距離があるのか、インク効率は良いか悪いかなどを調べたり、ついでに動くマトを狙い撃ちしてみるのもいいかもしれません。

    ◆イカゲージを見る
    バトル中は画面上部にイカゲージが表示されています。これは敵・味方の状態を示すもので、それぞれが持っているブキがわかるほか、バツ印がついている人はやられている状態で、光っている人はスペシャルウェポンが使える状態にあることを示しています。

    イカゲージを見れば、一瞬で敵・味方がどんな状況に陥っているかわかります。敵の数が減っている時は塗り広げる&一気に攻めるチャンス、逆に味方がやられている時は少し下がって防衛すると良いでしょう。はじめのほうはイカゲージを見ること自体がなかなか難しいですが、見れるようになればかなりステップアップできます。

    ◆マップを見る
    そして、やられた時にはマップを見ましょう。バトル中にXボタンを押せばマップが開き、現在の戦況がリアルタイムで反映されていきます。自軍の塗りがたくさん広がっていれば有利、そうでなければ不利とひと目で状況を理解することができます。ちなみに敵・味方のギア構成も確認することが可能です。

    また、敵が攻めてくる際には必ずどこかからインクが伸びてくるはずです。マップを見てそれをいち早く察知することができれば、相手の進行を阻止したり先手を打つことができることも。とはいえ最初はマップを見るのもなかなか難しいので、やられた時にだけ確認するといいでしょう。

    ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
    (C)2017 Nintendo【ほかの画像を見る】【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    やられた数だけ強くなれる!


    そもそもジャイロ操作が上手く行かないと無理


    ジャイロ操作


    ビッグカメラの野郎がスイッチを購入する権利を取り上げるからまず本体が手に入らない


    ヒーローモードアーマーがついてるせいでごり押しでいけなくもないのがちょっとね。確かに基礎的なのは学べるけど


    ビッグカメラに就職(潜入)する→スイッチを入手する これが一番難易度が高い


    今まさにヒーローモードをクリアした初心者なのですが、やっておいた方がいい。こう隠れてこうやって攻撃するんだって、何となくだけどわかる。


    ランク4になればサーモンランにいけるようになるし、10になればガチにいけるようになる。住み分けるまでとにかく負けてもめげないで欲しい


    初心者はなかなか勝てないと思う。経験者も初心者もスプラ2を始めたばかりになるからこればっかりはどうしようもない


    もう少し時間がたてば、ランク帯もしっかり別れて勝てるようになるはず。


    今のc帯は元sとかs+とか混じってるから、2から始める人はまず、ヒーローモードをクリアしてから行くことをお勧めする。


    一人で大量の役割をこなせるやつが上にいける。サポートや奇襲狙いでもいいが、キル取るのがが手っ取り早いのは確か。


    各ブキが得意な仕事をしてればおk。キル性能が低いブキは正面からだと仕事しにくいから工夫がいるけどな。挟み撃ちを狙ったりとか。


    9か条でしょ 「Switchを買う」が抜けてる 手に入れる事自体難しいというかほぼ無理 転売ヤーから買う事を除けば


    バイトはいい練習になるよ。


    連敗更新中なんだけどなぁ・・・







    ジョブLv.MAXのその先へ。「セブンス・リバース」攻略日記第8回:アビリティを活用してジョブのスペシャリストを目指せ
    4Gamer

     ガンホー・オンライン・エンターテイメントがサービス中のスマホ向けRPG「セブンス・リバース」(iOS / Android)の最新ニュースやお役立ち情報をお届けする連載企画“イケてる村長への道 2nd”。
     今回は,高難度ダンジョンに招集されるようなトッププレイヤーの仲間入りをしたい,しかし取り柄は高レベルなだけ……そんな村長に向けて,アビリティを活用した“一歩先行く”強化法をご紹介。さらに,ジョブの特化性能を持つ限定アクセサリが獲得できるジョブチャレンジダンジョンのワンポイント攻略もお届けしよう。(セブリバニュースをサクッと読みたい人はコチラから


    リンク:「セブンス・リバース」公式サイト
    リンク:「セブンス・リバース」ダウンロードページ
    リンク:「セブンス・リバース」ダウンロードページ


    ■きのちん村長のプレイ日記・その7
    ■ジョブLv.MAXを超えた“真の強さ”を追求せよ!

     まいど! 最近とみにモテなくなってきている村長,きのちんです! ……と,無理やりテンションを上げて始めてみましたが,いやー,ヘコむくらいモテないっすね。Lv.60のファイターなんて本来引く手あまたであるべきなんですが,レベルを上げ終わった,やりきったと思って,そこからの育成/強化が中途半端。
     ええ,自覚はあるんです。だって自分でも思います。“究極ケトゥス”とか“降臨ダンジョン”とか,ボス対策が必要な上級者向けイベントを攻略するとき,「自分がジャマ! かわりにもっと強い村長を入れたい!」って。


     こりゃいかん。日に数十件ものお誘いを受けていた栄光の日々よもう一度と一念発起し,今回は“真に使えるジョブ”を目標に育成/強化に取り組みたいと思います。もちろん,ファイターだけでなく,すべてのジョブについて“強さのステージを一段上げるための育成/強化法”を考察しているので,セカンド以降のジョブを育てたいと考えているみなさまも,ジョブ選びの参考にしてみましょう。
     なお,本稿で紹介している強化方針はあくまで一例となるので,ひとつの選択肢として受け取る心持ちでチェックしてくださいませ。


    ■高性能な装備品/使えるアビリティを手に入れる

     ジョブLv.をMAXまで上げる,全ジョブアクション/ジョブアビリティを習得する,メイン装備を強化Lv.MAXまで鍛える,といった基本的な育成/強化を済ませたのち,さらに“強さ”を上積みするにはなにをすればいいかは,ベテラン村長には釈迦に説法でしょうが,以下の4つが主な方法になります。

    (1) より強い装備品を手に入れる
    (2) 防具に継承アビリティを付ける(継承アビリティを付け替える)
    (3) 武器のスキルLv.や防具の固有/継承アビリティLv.を上げる
    (4) メイン以外のジョブを育成し「ALL」のジョブアビリティを取得

     ジョブごとのオススメアビリティはこのあと解説しているので,ここでは“より強い装備品”を獲得する手段をメインに挙げておきます。なお,“強い装備品”とは,単純に性能が高い武器や防具だけでなく,使えるアビリティが付いたアクセサリなんかも含まれますので念のため。


    ●10連ガチャを回す


    ●イベント報酬を獲得する
     日替わり開催の“ジョブチャレンジダンジョン”では,対応ジョブの特性を伸ばす固有アビリティが付いたアクセサリを獲得できます。ジョブの強化を極めたいならマストです。また,ドロップアイテムの「鉱石」は,幻獣戦のイベント報酬である“進化防具”を進化させるのに必要な素材で,こちらも外せません。


     日替わりイベント“幻獣戦”の報酬は,固有アビリティ“レジストゴッド”と高性能な継承アビリティがセットで付いた“勇者/盟約/炯眼”シリーズの防具。★5まで進化させれば上級者のメイン装備にもなり得るということなので,“究極ケトゥス”対策や未だ見ぬ神種族のモンスター対策に全部位の防具を揃えて進化合成を施したいところ。属性耐性を高める固有アビリティ付きの各種「リング」も重宝しますよ。


     “メダルコレクション”や“降臨ダンジョン”など不定期開催イベントの報酬にも,有用なスキル/継承アビリティが付いた装備品がずらりと並んでおります。時間とコストの許す限り周回して同じアイテムを集め,合成でスキル/継承アビリティLv.を上げるべし!



    ●「武具の宝玉」を★5装備品に換える


    ●意外と盲点? サブジョブも育成してパラメータアップを狙うのも大切


    ■アビリティを収集/鍛錬してジョブを極めよう

     パーティメンバーを選んでいるとき,「自分と同じジョブでレベルも変わらないのに,なんでこんなにステータスが違うの!?」と驚いたこと,みなさんありますよね。それはなぜか,“装備品に付いているアビリティの種類や数,そしてアビリティLv.が違うから”です。その村長の“きがえ”画面を開いて,防具の情報をチェックしてみてください。ほうら,レベルの高いアビリティがいっぱい付いているでしょう?


     ステータスは別段高いわけでもないのに,いざバトルに出るとものすごい高パフォーマンスを発揮する村長さんもいますよね。あれもアビリティのたまものです。そうと分かれば話は簡単。我々も,強くて役に立つアビリティ(付きの装備品)を集めて鍛え,ジョブLv.を超越した真の強さを手に入れましょう!

     

    ●ファイターの強化方針

     純然たるアタッカーであるファイターが育成/強化で目指すところはただ一点,“火力を上げる”こと。継承アビリティには“物理攻撃力アップ”や“斬撃攻撃力アップ”などをガン積みし,一撃の威力をとことん上げてやりましょう。

     また,ファイターは火/地属性攻撃が得意です(ジョブアビリティで火,地の属性攻撃力アップ”を習得できるため)。交換所(武具の宝玉)で「ファイアスラッシャー」(★6に進化可能)や「リメインズソード」を手に入れ,がっつり強化したうえで基本スキルにセットしておけば一目置かれますゾ。

    【このアビリティがオススメ】
    ・物理攻撃力アップ
    ・斬撃攻撃力アップ
    ・会心率アップ/会心ダメージアップ
    ・火,地の属性攻撃力アップ




    ―――――――――――――――――――――――――

    ●プリーストの強化方針

     継承アビリティに“魔法攻撃力アップ”を複数セットし,回復魔法の効果を高めるのが何よりも重要。似たアビリティに“魔法威力アップ”がありますが,こちらは回復力には影響を与えないのでご注意を。

     装着/所持武器には,交換所(武具の家宝)で手に入る「浄化の杖」(スキル:ヒーリングマナ)がイチオシ。バフスキルは,「キュアロッドIII」に付いた“キュアヴェール”や,「スタッフオブブレッシング」の“フェアリーヴェール”などが人気高めです。つまり,モテます。

    【このアビリティがオススメ】
    ・魔法攻撃力アップ
    ・光,水の属性攻撃力アップ
    ・魔法威力アップ(※攻撃に参加するなら)
    ・エレメンツグレイス
    ・レバレンス(装備:司祭のペンダント)




    ―――――――――――――――――――――――――

    ●ウィザードの強化方針

     魔法攻撃の威力をいかに伸ばすかを考えると,伸ばす/付けるべきアビリティは大体下記のものに絞られるでしょう。“魔法攻撃力アップ”と“魔法威力アップ”で基礎火力を高め,“エレメンツグレイス”や各属性攻撃力アップで属性ダメージにボーナスを付加。
     さらにジョブアクション“ダブルキャスト”の発生率を上げれば,魔法攻撃が有効な相手には単独で甚大なダメージを与えられるというワケです。

    【このアビリティがオススメ】
    ・魔法攻撃力アップ
    ・魔法威力アップ
    ・エレメンツグレイス
    ・水,火,風,地の属性攻撃力アップ
    ・ダブルキャスト発生率アップ(装備:魔術師の宝玉・連唱)




    ―――――――――――――――――――――――――

    ●レンジャーの強化方針

     まずは,射撃の威力を上げつつジョブアクション“乱れ撃ち”の発生率を高め,アタッカーとしての能力を伸ばすこと。そのうえで,セットしたスキルに対応した状態異常付与率アップ系のアビリティを付け,デバッファーとしてもチームに貢献できるようにするのだ。
     なにかひとつ状態異常攻撃に特化したレンジャーになれば,“降臨ダンジョン”などの上級者向けイベントであちこちからお声がかかること間違いなし! どの状態異常に特化させるか迷ったときは,暗闇付与をとりあえずつけておけばOK。

    【このアビリティがオススメ】
    ・物理攻撃力アップ
    ・射撃攻撃力アップ
    ・乱れ撃ち発生率アップ(装備:連弩の矢筒)
    ・状態異常付与率アップ系
    ・風,地属性攻撃力アップ




    ―――――――――――――――――――――――――

    ●ニンジャの強化方針

     ほかのアタッカーほど物理攻撃力が伸びないので,“物理攻撃力アップ”や“会心率アップ”などのアビリティでしっかり補いましょう。追撃でスキルチェインを稼げるという特徴に磨きをかけるなら“追い打ち発生率アップ”を複数セットするのがオススメです。

     このアビリティはジョブチャレンジダンジョンの報酬「秘伝書・追撃」で付加できますヨ。物理攻撃職のなかでは魔法攻撃力が高い点に注目し,“魔法攻撃力アップ”や“魔法威力アップ”といっしょに地/闇/火属性の魔法攻撃スキルを持たせるのも可能性としはアリかもしれません。


    【このアビリティがオススメ】
    ・物理攻撃力アップ
    ・刺突攻撃力アップ
    ・会心率アップ/会心ダメージアップ
    ・地,闇,火の属性攻撃力アップ
    ・追い打ち発生率アップ(装備:秘伝書・追撃)
    ・魔法攻撃力アップ/魔法威力アップ




    ―――――――――――――――――――――――――

    ●モンクの強化方針

     モンクといえば“練気”。この“練気”の威力をアビリティでどれだけ高められるかが勝負です。

     究極の一撃必殺アタッカーを理想に置くなら強化すべきはクリティカル率で,「撃士の煌めき」(装備はガチャから排出,イベント“終焉のヴァルキリー”で強化素材がドロップする)や「会心の帯」(ジョブチャレンジダンジョンのドロップ報酬),継承アビリティなどで“会心率アップ”を爆積みし,さらにレンジャーのジョブアビリティ“会心率アップI/II/III”をすべて習得すれば,夢の“クリティカル率100%”も実現可能なのです。モンク使いなら挑戦を!


    【このアビリティがオススメ】
    ・物理攻撃力アップ
    ・打撃攻撃力アップ
    ・会心率アップ/会心ダメージアップ
    ・地,光の属性攻撃力アップ
    ・最大HPアップ




    ―――――――――――――――――――――――――

    ●パラディンの強化方針

     パラディンに求められるのはタンク役としての資質。アビリティで打たれ強さとジョブアクション“かばう”の発生率を上げましょう。打たれ強さに直結するのはHPと物理/魔法防御力ですが,継承アビリティに“最大HPアップ”を数多く付けてHPを増やすほうが,防御力を鍛えるより生存率は高まる模様。

     “かばう”の発生率は,ジョブアクションをLv.4まで習得し,ジョブチャレ報酬「守護騎士勲章III」を2個つければ100%に達し,仲間に対する攻撃をすべて引き受けられるようになります。

    【このアビリティがオススメ】
    ・物理防御力アップ
    ・最大HPアップ
    ・かばう発生率アップ(装備:守護騎士勲章)
    ・光,水属性攻撃力アップ




    ―――――――――――――――――――――――――

    ●ダークナイトの強化方針

     “会心率アップ”&“会心ダメージアップ”を可能な限り積み,ジョブアクション・ブラッドモードの火力を高める方向がオススメです。これはモンクとほぼ同じですね。「ルーンクレイモア」の“レヴィングエナジー”などHP吸収効果のあるスキルを多用するなら,「吸血のリストバンド」(ジョブチャレンジダンジョン報酬)に付いた“HP吸収量アップ”が欲しいところ。
     また,下のリストにはありませんが,“HPが●%以下になると攻撃力アップ”系のアビリティは,ブラッドモードとの相性がバッチリですよ。

    【このアビリティがオススメ】
    ・物理攻撃力アップ
    ・斬撃攻撃力アップ
    ・会心率アップ/会心ダメージアップ
    ・闇属性攻撃力アップ
    ・HP吸収量アップ(装備:吸血のリストバンド)





    ■ジョブチャレンジダンジョンを攻略しよう

     いちおう“上級者推奨イベント”と銘打たれているジョブチャレンジダンジョンではありますが,ジョブLv.MAXからさらに高みを目指している村長であればそこまで苦戦することはないでしょう。基本的には,そのダンジョンに対応したジョブを2人以上加えた編成で挑めば,オートプレイでも問題なくクリアできるはずです。問題は,ダンジョン周回でドロップアイテムを持ったミミック&ジェムミミックに出会えるかどうかだったりします。



    ●戦士への挑戦状(ファイター)
    BOSS ケルベロス×3(弱点:斬撃&火属性&光属性)


    ●司祭への挑戦状(プリースト)
    BOSS 死神(弱点:光属性)


    ●魔術師への挑戦状(ウィザード)
    BOSS 焔塊(弱点:火属性)/氷塊(弱点:水属性)/嵐塊(弱点:風属性)/岩塊(弱点:地属性)


    ●弓士への挑戦状(レンジャー)
    BOSS サブロー(弱点:射撃&風属性&地属性)


    ●忍者への挑戦状(ニンジャ)
    BOSS ブラッドリーダー(弱点:刺突)


    ●拳士への挑戦状(モンク)
    BOSS ナイトガーディアン(弱点:打撃&地属性&光属性)


    ●聖騎士への挑戦状(パラディン)
    BOSS バトルアーマー(弱点:斬撃&水属性&光属性)



    ●闇騎士への挑戦状(ダークナイト)
    BOSS ノスフェラトゥ(弱点:斬撃&闇属性)



    ■セブリバニュース
    ■アサルトバトルが開催中

     今月もいよいよアサルトバトルのシーズンに突入。今回は真夏の海のサマーサンシャインということで,バッキバキに割れた腹筋がまぶしい海神ポセイドンと海王ネプチューンがボスとして登場する。アサルト本戦は7月24日23:59までの開催となっているので,忘れずに参加しておこう。なお,今回からの新仕様や報酬についてはこちらのページをチェックしてほしい。


    ■トレハン装備 復活総選挙は7月24日10:59まで!

    リンク:「セブンス・リバース」公式サイト
    リンク:「セブンス・リバース」ダウンロードページ
    リンク:「セブンス・リバース」ダウンロードページ


    ―――――――――――――――――――――――――――――
    記事URL:http://www.4gamer.net/games/360/G036016/20170720027/
    →この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
    ―――――――――――――――――――――――――――――
    関連タイトル:
    ・iPhone セブンス・リバース
    ・Android セブンス・リバース

    ―――――――――――――――――――――――――――――
    (C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
    (C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
    ―――――――――――――――――――――――――――――
    Copyright (C) 2000-2017 Aetas, Inc. All rights reserved.



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>






    【特集】『ARMS』ランクカンスト・ライターが語る攻略への近道 ─ ファイター編
    INSIDE

    いっちょアームズ! してますか? Nintendo Switch『ARMS』も発売されてしばらくが経ち、ランクマッチにおけるランクが伸び悩んできたという人も多いかもしれません。今回はそんなファイターたちのため、ランクをカンストできた私が僭越ながら「勝利への近道」という名のアドバイスをお贈りしようと思います。

    【大きい画像を見る】【特集】『ARMS』ランクカンスト・ライターが語る攻略への近道 ─ ファイター編


    この「勝利への近道」はファイター編・アーム編・ステージ編の3記事による構成となっています。どの要素も戦いのうえでは重要となっていますが、最初に選ぶことになるのが「ファイター」です。好きなファイターだけを使うのも悪くはないものの、勝つためにはそれだけではいけません。敵となるファイターを知ることも重要ですし、さらに自分と相性のいいファイターが見つかるかもしれないので、より多くの情報を得るに越したことはありません。

    今回の「ファイター編」では、私のおすすめするファイター順にそれぞれの長所・短所を紹介します。もし興味が湧いたら今まであまり触っていなかったファイターも使ってみてください。なお、基本的にランクマッチにおける性能について記しています。

    ※注意事項
    この記事はVer.1.1.0までの情報を元に構成されています。今後のアップデートでゲームバランスが変更される可能性もあるほか、プレイヤー間の流行り廃りもあるため、その点を留意して読んでください。

    ◆設定もカッコよすぎて強い「キッド・コブラ」
    特にランクマッチで使っている人が多く、6月のランキングでもかなり目立っていたのが「キッド・コブラ」。オッドアイであり実は種族もよくわかっていないという謎めいた設定もカッコよいところです。

    キッド・コブラは性能も良いのですが、標準アームもなかなか良いところが揃っています。特に注目したいのは「バーチカル」。詳しいことは後の「アーム編」で語りますが、現状はこれがあるかないかで割と大きな差がつくと思われます。

    ■キッド・コブラの長所
    このファイターは腕が太いところがとにかく強いです。腕が太ければアームも大きくなり、それだけ攻撃が当たりやすくなるのでお得。チャージすると膨らむ「バルーナー」を使えばさらに当てやすくなるため、相手への圧力がとてつもなく大きくなります。また、投げのダメージが上から2番目であるところも長所でしょう。

    腕が太いため分類的には重量系寄りのファイターになるのですが、ジャンプとダッシュでそこを補えてしまうところがキッド・コブラの恐ろしいところ。チャージをすれば連続ダッシュ(2~3回)ができるため位置を変えることも容易ですし、適正な距離を取りつつ飛びながらパンチを振れば隙を少なくすることができます。恵まれた移動力と大きなパンチで相手に圧力をかけ続けましょう。

    ■キッド・コブラの短所
    アームが大きいと相手のパンチが当たりやすくなるようなので、確実に攻撃を当ててくる相手には要注意です。気づけばアームが壊れて無防備になってしまうなんてこともしばしばあります。

    また、チャージ時の連続ダッシュはかなり便利ですが、それだけで戦況を大きく変化させるというわけではないので気をつけましょう。基本的な戦術やアームの選択も大事ですし、対策できていないファイターと遭遇すると苦しい戦いを強いられることも。とはいえ、基本性能はかなり高いのでイチオシのファイターです。

    ◆ジャンプの回数は強さに直結「リボンガール」
    まさしく蝶のように舞い蜂のように刺すファイターが「リボンガール」です。彼女は空中戦が得意で、連続ジャンプや急降下で相手を翻弄することができます。本作は着地時の隙を狙って攻撃することが多いため、それをごまかすことができるのはとても優秀なのです。

    私もリボンガールでランクをカンストすることができましたし、実際のところかなり強い性能を持ったファイターだと考えています。しかしながら現状ではそこまでおすすめできない理由もあるため難しいところ。言い換えると、強いものの対策方法はきちんと存在するということです。

    ■リボンガールの長所
    前述のように、空中で連続ジャンプできる点がとにかく強烈です。連続ジャンプが特に活きるのは高所からの攻撃で、ハイジャンプができるような仕掛けのあるステージ、「パラソル」で空中にとどまりながらの連続攻撃は本当に強いの一言。闇雲にパンチを連打しても空中のリボンガールにはなかなか当たりません。

    また、空中戦が強いということは起き攻め(相手がダウンしてから起き上がる際に仕掛ける攻撃)も強いということになります。相手の上に覆いかぶさるようにジャンプして空中を漂いパンチを連打すると、相手はその圧力に押しつぶされてしまうことでしょう。一度その起き攻めを行うと相手はガードしてくるようになるので、そこで投げの選択肢を選ぶことができるのも強さの理由です。

    ■リボンガールの短所
    リボンガールを使ううえで悩むのが「バーチカル」というアームです。これは対空用のアームで、迂闊に飛ぶ相手を手軽に狩ることができます。これを相手に持たれるとリボンガールはあまり飛べなくなってしまうので、ほとんど特性を活かせないファイターと化してしまうことも。バーチカル自体は、中量級で攻撃範囲が広いアームで対策できるものの、その対策はほぼ必須なためアーム選択が窮屈になってしまいます。

    また、キャラクターの特性的に軽いアームを持ちたくなるのですが、そこが弱点になります。確かに起き攻めが得意なので相手を倒したらどんどん空中からの攻撃を仕掛けたいものの、相手が「ヘビィハンマー」など重量級アームを持っていると一方的に撃ち負けてしまうわけです。もちろんリボンガールが重いアームを持つのも手ではありますが、身軽な動きとはあまり相性が良くないように感じられます。

    ◆体力が減ってからが本番「スプリングマン」
    スプリングマンは極めて標準的なファイターですが、ピンチになった時に常時チャージ状態になること、そしてチャージをしていると相手のパンチをはじく衝撃波を出すことができる特殊能力がとにかく強いです。これを活かすことができるようになれば、どんな相手でも強気に出ることができるでしょう。

    逆に言うとその特殊能力をうまく使えるかどうかがカギとなります。コツがよくわかっていない状態では強みのないファイターになってしまうため、まずは常時チャージと衝撃波を使いこなす練習をしましょう。

    ■スプリングマンの長所
    前述のように、体力が1/4以下になると常にチャージ状態となるのがとても強いです。氷属性のアームで連続攻撃を当てるのも良し、炎属性の高火力で一気に巻き返すも良し、風属性で相手を何度も倒すのも良しと、アームの属性に合わせた畳み掛けが可能となります。

    衝撃波は相手に近づく時に特に有効で、敵がパンチを打ってきたら衝撃波を出して前に切り込みましょう。相手はガードができないため避けるしかなくなり、その避けた際の隙を突けば攻撃を当てることが容易になります。

    ■スプリングマンの短所
    常時チャージ状態は体力が1/4にならないと発動しないため、必殺ラッシュなどで一気に削られてしまうとほとんど使えないまま負けてしまう可能性があります。うまいプレイヤーはそのあたりも考慮して体力を削ってくるので、場合によっては自分から攻撃を食らいに行く必要があるかもしれません。

    また、前述のように特殊能力が使えなければただの平凡なファイターです。そのためプレイヤーの基礎能力が問われる状況が多くなります。

    ◆腕だけでなくキックをも使いこなす中華少女「ミェンミェン」
    「ミェンミェン」もランクマッチではなかなか人気があり、強さとかわいさのバランスが取れているファイターです。通常状態ではアームが細いものの、チャージして左腕を龍の腕にしてしまえば最大級に太くなるうえ常時チャージ状態となります(左腕のみ)。また、空中ダッシュでキックを繰り出すことができ、相手のアームを弾き飛ばすことも可能です。

    特殊能力を見るとスプリングマンと似ているような気もする彼女ですが、特別な効果が発揮される場面が違うため戦い方も異なってきます。

    ■ミェンミェンの長所
    ミェンミェンの長所はなんといっても龍の腕。龍の腕にしてしまえば左手の属性効果を常に発揮できるため、その属性に合わせた右腕とのコンボ攻撃を繰り出すことができるようになります(ただし、自分がダウンしてしまうと龍の腕は解除されてしまう模様です)。氷と無属性、炎と風あたりが良い組み合わせですが、さらなる可能性を追求していくのもおすすめです。

    キックは相手のアームを落とせるので便利ではあるのですが、スプリングマンの衝撃波に比べると発動が遅めとなっています。そのため近距離で狙って蹴り落とすことは難しく、中・遠距離で一定の距離を保つために使ったり、隙が大きいアームを蹴り落とす際に使うほうが向いていると思われます。

    ■ミェンミェンの短所
    龍の腕が強いものの、それさえなければか弱い少女に見えてしまうのがミェンミェンです。ダウンさせてくる属性に対してはあまり強気に出れませんし、チャージする時は大きな隙ができてしまうのも手痛いところ。特に起き上がってすぐチャージをしてしまうと、その行動を読んだ相手に投げられてしまうことでしょう。チャージは十二分に気をつけて行うべきです。

    ◆セクシーで高貴なセレブファイター「ツインテーラ」
    お尻がセクシーすぎる「ツインテーラ」は空中でチャージできることが特徴ですが、前述のように本作は着地際を狙うゲームなので飛びながら優雅に溜めるのは弱点を晒すことになってしまいます。とはいえ、チャージしている時に相手のアームを遅くできる特殊効果は使いこなせればかなりのものになるでしょう。

    ■ツインテーラの長所
    相手のアームを遅くできる特殊能力のおかげでしっかりと現状を見てから反撃することができます。ゲージがある時は必殺ラッシュ発動で遅くした相手のアームを弾きつつ、自分の攻撃をすべて当てるなんてこともできるでしょう。

    また、空中チャージは高所にとどまり続けることができるという意味では優秀です。車やトランポリンなどで高いところに飛んだあと相手を見下ろし続けるようにチャージすると、相手は手を出しにくくなります。

    ■ツインテーラの短所
    空中でチャージする際は、あまり時間をかけすぎるとほとんど隙を晒すだけになってしまいます。しかも着地地点も予測しやすくなるため過信は禁物。地上チャージとの使い分けが重要となります。

    ◆ふたりでひとりのロボット「バイト&バーク」
    かなり癖があり、ステージによっても強さが大きく左右されるのが「バイト&バーク」です。人間型のバイトは基本性能が低く、移動速度も遅めで腕も細めです。ロボ犬のバークはたまに攻撃してくれるものの、やはり気まぐれで役に立ったり立たなかったりします。

    ■バイト&バークの長所
    バイト&バークはそれぞれ単体で見ると微妙な性能をしていますが、バークを踏み台にして大ジャンプできることを知るとだいぶ強くなります。このゲームは基本的に上から攻撃することが強いため、どんどんバークを踏んで飛んでいきましょう。ジャンプの際は衝撃波が出るので相手のアームを撃ち落とすこともできます。

    また、バークのパンチのおかげで相手に隙ができたり、あるいは盾になってくれたおかげで必殺ラッシュを防げるなんてことも起こります。どうしても気まぐれなところがあるバークですが、それでも時にはとてつもない忠犬に見えるものです。

    ■バイト&バークの短所
    バークが倒れるとバイトは苦しい状況になります。しかもバーク自体は軽いパンチ一発で倒れてしまうため、相手はまずバークを先に狙ってくるはず。そのため、先手を仕掛けるなり衝撃波でバークを守るなりの対策が必要となるでしょう。

    ちなみにステージによってはバークがまったく役に立ちません。コマボードに乗るスネークパークはもちろん、スクラップヤードの高所のような足場が狭い場所などはほぼひとりで戦うハメに……。最もステージを選ぶファイターと言えるかもしれません。

    ◆アームズ能力なしで戦う天才「メカニッカ」
    『ARMS』開幕記念のオンライン公開スパーリングで優勝したファイターは「メカニッカ」でした。ランクマッチではそこまで見ないファイターですが、大会で優勝したこともあって再び注目されることでしょう。

    大きなメカに乗っていることからわかるように、メカニッカは重量級ファイター。体も大きく移動速度は遅めですが、空中など一部ではホバー移動ができるうえ、投げ攻撃もダメージがやや高め、アームもだいぶ太くパワフル。軽い攻撃を受けても怯まないところを活かして戦いたいところです。

    ■メカニッカの長所
    彼女の長所はやはり打たれ強さ。ダッシュ・ジャンプ・攻撃中は攻撃をもらっても基本的には怯みません。高火力アームや重いアームで相手を追い詰めるかのように戦うといいでしょう。また、空中ではホバー移動もできるので、重いアームを持って起き攻めをすることも可能です。肉を切らせて骨を断つような戦法で押し勝ちましょう。

    ■メカニッカの短所
    メカニッカはホバー移動などで重量級ファイターの割に動きやすくはあるものの、やはりどうしても動きが遅いのは否定できません。相手を捉えられないと翻弄され続けてしまうため、自分のペースを崩された場合はガードをうまく使って仕切り直す必要があります。また、当てれば絶対にダウンさせられる炎や風のアームが使われやすいのでその警戒は必須でしょう。

    ◆ぐにゃぐにゃこそが強さの秘訣「DNAマン」
    「DNAマン」はとにかく癖のあるファイターで、おそらく最も使いこなすのが難しいと同時に可能性に満ち溢れた存在です。体の伸び縮みでパンチを避けることができるだけでなく、左右のスウェーで動きを読ませないことも可能。強いような弱いような、掴みどころのないファイターでしょう。

    ■DNAマンの長所
    基本性能は割とオーソドックスですが、しゃがんで攻撃を避けることができるのは大きな長所です。また、伸びると常にチャージ状態となりその場に居座って攻撃することが可能、この状態で攻撃をし続ければ相手を圧倒することができます。遠くから「レイドラ」を連発してくるDNAマンはかなりの脅威です。

    ■DNAマンの短所
    伸びた状態のDNAマンは恐ろしいものの、横から攻撃できる「チャクラム」などのアームはむしろ当てやすくなります。また、しゃがんだ状態も攻撃が当てにくくなるものの、高い位置から狙えば問題ありません。DNAマンは伸び縮みで読み合いを複雑にはするものの、それ以外の性能がとても高くなるわけではないため、相手を翻弄できないといまひとつなファイターになってしまいます。

    ◆人気は非常に高い「ニンジャラ」
    オンライン先行体験会では非常によく見た「ニンジャラ」ですが、製品版になってから使ってみるとなかなかつらいファイターであることがわかりました。このファイターの特徴である、空中ダッシュなどで姿を消しワープできることや移動スピードの速さは魅力ではあるのですが……。

    ■ニンジャラの長所
    ニンジャラは移動スピードが速いため相手を翻弄しやすいですし、ワープで相手の死角へ移動しやすいです。しかし……。あくまで私個人の見解ですが、彼の魅力はニンジャであるということだと思います。

    ■ニンジャラの短所
    体験会の時は投げを多用するニンジャラが恐れられたようですが、トレーニングで練習した人が多いためあまり通用しないでしょう。ほかにもスピードがあるおかげで割と隙が少ないことは魅力なものの、攻撃面ではそこまで優れたところがなく器用貧乏な印象を受けます。

    また、ガードをするとワープしてしまうのがとても困ります。ニンジャラは壁際で必殺ラッシュをガードすると自動ワープのせいで途中から食らってしまうケースがあるため、実質的にガードが意味を成さないこともあります。ワープ先をうまく読めるようになれば伸びしろがあるかもしれませんが……。

    ◆でかい体とおしりがセクシー「マスターマミー」
    『ARMS』のファイターで唯一「もう少し強くしてもいいのでは?」と思ってしまうのが「マスターマミー」です。パンチは大きいもののキッド・コブラのようなスピードやジャンプ力はなく、力で相手を圧倒するにしてもメカニッカのほうが移動力などの面から扱いやすく、ついでに特殊能力はガードすることで発動する回復です。体が大きくて画面が見づらいところも地味につらいです。

    ■マスターマミーの長所
    ガードして体力を回復する能力は1対1だとそこまで役に立ちませんが、パーティマッチにおけるバトルロイヤルではそれなりに強いです。狙われていない時に体力を回復できますし、メカニッカと同じくタフなので強引な攻撃で相手をなぎ倒すのも得意。投げダメージは全ファイター中でNo.1なのでそこもまた頼れるところです。大きなパンチと強靭な体で強引に攻めていきましょう。

    ■マスターマミーの短所
    能力の関係からガードをすることが多くなるのが困りもの。そもそも強引に攻めていくスタイルと噛み合いませんし、本作はガードをし続けていると必殺ラッシュのゲージを溜められないため不利になりがちです。

    また、ガードして体力を回復していると相手は投げたがるようになります。そこでカウンターを行うのがマスターマミーの得意技……となるはずなのですが、近距離で投げを出されると対応できないこともあり、逆に遠距離で投げを出されるとカウンターが間に合わないこともしばしば。つまり、防御をすると読み合いがどうしても不利になりがちなのがつらいところです。

    メカニッカと同じく動きは遅いのでガードを使うことは必須となりますが、回復効果はオマケと割り切ってガンガン攻めていくべきでしょう。

    ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
    現状で特にオススメのファイターは「キッド・コブラ」「リボンガール」「スプリングマン」の3人で、「ミェンミェン」「ツインテーラ」あたりもランクマッチではよく見る傾向にあるので特徴を掴んでおくとより良いでしょう。慣れるまでランクマッチで使いたくないというのであれば、闘技場で特訓するのもおすすめです。

    『ARMS』はいわゆる格闘ゲームと異なり、基本的な操作や戦術は全ファイターで共通しています。もちろんそれぞれの特殊能力を活かして戦いたいのは間違いないのですが、細かい部分をいろいろと覚える必要はないのでたくさんのファイターで遊ぶと早く上達できるかもしれません。

    (C) 2017 Nintendo【ほかの画像を見る】【特集】『ARMS』ランクカンスト・ライターが語る攻略への近道 ─ ファイター編



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>






    【特集】『ARMS』ランクカンスト・ライターが語る攻略への近道 ─ アーム編
    INSIDE

    Nintendo Switch『ARMS』における「勝利への近道」をお伝えする本特集、前回のファイター編に続き、今回はアーム編をお届けします。

    【大きい画像を見る】【特集】『ARMS』ランクカンスト・ライターが語る攻略への近道 ─ アーム編


    「アーム」はファイターの次に選ぶものですが、実はプリセットの3つを決める時点で既に勝負は始まっています。というのも、3つの組み合わせによってどんな相手に対応できるかが決まってくるのです。もっともプリセットの組み合わせは完全な正解がないものですので、今回は特に注目したいアームを10項目に分けてご紹介します。なお、今回もランクマッチでの使い心地を基準にしています。

    ちなみにアームには軽い・中くらい・重いの3種類の重さが設定されています。多段系のアームは軽量級、「トースター」や「バルーナー」のようなグローブ系列は中量級、「ヘビーハンマー」や「ビッグパンチ」などの戻りが遅いものは重量級となっています。重いパンチはより軽いパンチを撃ち落とすことができるので、この基本は抑えておきましょう。

    ※注意事項

    この記事はVer.1.1.0までの情報を元に構成されています。今後のアップデートでゲームバランスが変更される可能性もあるほか、プレイヤー間の流行り廃りもあるため、その点を留意して読んでください。

    ◆劣っているところが少ない「バーチカル」
    まずは、現状では無視できないほど存在感がある「バーチカル」を語りましょう。縦に3つのタマを発射するこのアームは軽量級で、空中にいる相手に対しとても有効です。具体的にはリボンガールに対する最高のメタアームであり、これを使えば相手はまったく飛べなくなってしまうほどです。

    空中にいる相手に対して有利なので起き攻めも防げますし、炎属性なのでチャージすればメカニッカやマスターマミーも怖くない。アームの戻りも早いうえ割と曲げやすいため当てやすく、さらにはラッシュダメージがかなり大きいのも嬉しいところ。カス当たりでも300近いダメージを叩き出せるのはこのアームくらいのものです。

    もちろん軽いアームなので打ち合いに対してはあまり有利ではありません。中量級アームには撃ち落とされてしまいますし、特に「パラソル」には注意したいところ。逆に言えばそれさえ気をつけていれば多くの場面で活躍するアームになります。

    ◆オーソドックスで使いやすい「属性グローブ」
    「トースター」「スパーキー」「フリーザー」など、オーソドックスなグローブ型アームに属性がついたアームが存在します。これらはシンプルな挙動をしているうえそれぞれの属性効果を活かせるため、とても使いやすいアームとなっています。

    どの属性を使うかについてはファイターの性能に合わせましょう。連続で凍らせて大ダメージを叩き出したいのならば龍の腕にフリーザーをつけたミェンミェン、しびれさせて投げに繋げたいのならばスパーキー持ちのマスターマミー、大ダメージで劣勢を覆したいならトースターをつけたスプリングマンなどなど、運用の可能性はさまざまです。

    特に深く考えずなんとなく属性グローブを使っている人もいるかもしれませんが、あまりファイターに合っていないと感じる場合は次の無属性グローブを試してみるといいかもしれません。

    ◆シンプルイズベスト「無属性グローブ」
    グローブ型アームは無属性のものもあり、「プレッシャー」と「バルーナー」がそれに該当します。どちらも属性効果はないですがチャージすると当たり判定が大きくなるほか、ダメージも大きめとなっています。

    なお、プレッシャーは曲がりにくく、逆にバルーナーは曲がりやすい仕様になっています。これに関しては操作方法や好みの差があると思うので実際に試してみるのがいいでしょう。とにかく素直な判定で威力も高いうえ、重量級アーム以外には強気に出れるのでたいへん便利です。

    これらアームが向いているのはメカニッカやキッド・コブラでしょうか。腕が太いためさらに当たり判定が大きくなり適当に打っていても当たります。もちろん腕が細いファイターでも属性がいらない場合はこちらのほうが良いでしょう。

    ◆激烈な大ダメージクラッカー「ギャラクシー」
    炎属性のアームでイチオシなのは「ギャラクシー」です。これはふたつの星を同時に飛ばす範囲攻撃アームで、攻撃スピードが速いことが特徴。軽量級なものの炎属性なので高めのダメージを狙えます。

    また、この手のクラッカー系アームは攻撃が見えづらいのも特徴。障害物がある場所から打ったり、あるいはもう片方のアームで隠すように攻撃すると当てやすくなります。範囲攻撃なので、通常のアームでは攻撃が当てづらいスネークパークなどでも役に立つことでしょう。

    弱点はとにかく軽すぎること。中量級のアームは使う人も多いので相殺されるとまったく歯が立ちません。このアームを使う場合は正面から戦うのではなく、横や縦からの奇襲をメインにするといいでしょう。

    ◆自爆には要注意「チェイサー」
    にわかに注目を集めつつあるアームといえば「チェイサー」。これは自動追尾する爆発系アームで、チェイサーの場合は雷属性を持っています。自動追尾なので当てやすい……ように思えますが、使い際には少しコツが必要です。

    大きな弱点として、チャージ状態で相手に撃ち落とされてしまうと自爆する可能性がある点が挙げられます。ラッシュを発動したと思ったら自分が爆発を食らった、相手をしびれさせようと思ったらむしろ自分がしびれたなど、かなりリスクも大きめ。

    しかしながらラッシュ時は爆発を当てるだけで200近いダメージが与えられ、しびれさせれば相手との距離が遠くても投げることができます。また、爆風はしばらくその場に残るためガードさせる時間が長いというメリットも。癖こそ強いですがメリットも大きいアームです。

    ◆優雅に空を舞う「パラソル」
    「パラソル」は、前述のバーチカル対策に最も向いたアームです。中量級アームであり広範囲を攻撃することができるため、縦に判定の広いバーチカルもきちんと撃ち落とすことができます。リボンガールはこれがないととにかく飛びづらいので、セットしておいたほうが無難でしょう。

    また、パラソルを空中で振ると滞空時間がやや伸びることも特徴。トランポリンや車で大ジャンプしてパラソルを振りまくると、上空からの連続攻撃で相手を苦しめることができます。ラッシュダメージがそこそこなのも嬉しいところ。

    とはいえ重量級アームにはほとんど勝ち目がありませんし、隙も大きいのでガードされたり撃ち落とされてしまうとつらいのが弱点です。中量級アームではありますが比較的に慎重な使い方が求められます。

    ◆視界の外から相手を叩け「ホットリング」
    迂回するように相手へ向かう「ホットリング」は敵の動きを大きく制限することができます。単体ではなかなか当てづらいものの、先にホットリングを打って相手を動かす、あるいはほかのパンチを打って片方に逃げさせてからホットリングをぶつけるなどワンツーパンチで運用すると厄介です。

    特にホットリングを当てやすいのが、伸びた状態でチャージ攻撃を連打してくるDNAマン。縦軸の動きができないのでホットリングさえあれば安心です。また、左右だけでなく正面に打っても意外と強いのもホットリングの特徴。相手を壁際に追い詰めると出の速さで圧倒することができます。

    弱点はやはり迂回してしまうこと。少しでも前か後ろに動かれると当たらなくなってしまうので、もう片方のアームで動きを狭めるのが前提になってしまいます。また、ガード・回避されると戻ってくるまでにかなり時間がかかってしまうのも手痛いところです。相手に押されている時は無理せず攻めをやめましょう。

    ◆重いもののムチのようにしなる「ヘビィハンマー」
    重量級のアームはいくつかありますが、その中で一番のおすすめは「ヘビィハンマー」でしょう。重くて強い割に使いやすく、ムチのような軌道のアームなので相手を翻弄しやすいです。また、パラソルの対策をするにはこのアームがおすすめ。

    当たる直前に一度しなることからわかるように、高めの位置にいる敵にも当てやすいことが特徴のひとつ。軽いアームで起き攻めをしてくる相手に対するカウンターとしては効果抜群です。敵のアームを強引に蹴散らしつつ一撃をぶちこんだり、あるいは着地地点に合わせて打っておいて大きめのダメージを狙うのもありでしょう。

    重量級アームの中では割と扱いやすいのですが、それでもやはり戻りの遅さには注意が必要。必殺ラッシュもヘビィハンマーだけで当てるのはなかなか難しいところです。

    ◆とにかくデカくてデカい「ビッグパンチ」
    「ビッグパンチ」はでかくて強いというシンプルなアームです。マスターマミーやキッド・コブラが使うとその大きさはかなりのものになり、チャージするとさらに大きくなるというのだからとんでもないでしょう。当たりやすいうえ外したとしても相手のアームにダメージを蓄積させやすいです。

    当てやすいということは相手のアームを叩き落としやすいということ。つまり、必殺ラッシュをお互いに打ち合う時はビッグパンチ持ちが有利になりやすい傾向があります。もし相手のアームが軽・中量級しかなければ、相手の必殺ラッシュに合わせて自分の必殺ラッシュを発動し返すことで返り討ちにすることができるはずです。

    ビッグパンチも戻りの遅さが致命的なうえ、素直な軌道なのでジャンプなどで避けやすくあります。とにかく正面からの戦闘を心がけていきましょう。起き攻めの際もかなり強烈なアームです。

    ◆使えなさそうでけっこう使える「ゲルゲル」
    『ARMS』で最も奇妙なアームは「ファランクス」でしょうが、その次くらいに変なのは「ゲルゲル」でしょう。ゲルゲルは跳ねながら相手に近づいていく重量級アームで、チャージ状態で当てることができれば一時的に相手の視界を奪います。

    軌道が特殊なので相手のアームを撃ち落とすのにはあまり向いていないのですが、相手を壁際に押し付けることができればその跳ねる動きが強くなります。判定が大きいので相手は逃げづらく、かつジャンプをしてもゲルゲルの跳ねる挙動に追いつかれる可能性があるというわけです。ビッグパンチが平面的に強いアームだとしたら、こちらは縦の動きに強いアームといったところでしょう。

    弱点は、離れていると避けやすいところと使いにくいところです。重量級アームは盾としての役割も大事なのですがゲルゲルはそこを割と放棄しつつあるので注意が必要です。相手がジャンプせざるを得ない状況に追い込むような戦略さえあれば、このアームもきっと輝くことでしょう。

    ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
    アームは単体性能も重要ですが組み合わせも大事です。ただ単に強いアームをつければ良いというわけではなく、相手のつけてきたアームに対して有利なものをぶつけていきましょう。

    たとえば相手がバーチカルをふたつ持ってくるのであれば、こちらはパラソルをふたつ付ければ優位に立てます。しかし相手がそれを読んでバーチカルではないものをつけてくる可能性もあるため、片手をパラソルにしてもう片方は汎用的なアームにする……など、このような読み合いが発生してくるのです。

    また、アーム読みで負けたとしても動き方で勝てることもあります。こちらは軽いアームしかなく相手の重量級アームに打ち負けてしまうというのだったら、パンチを誘うような動きをして隙を突いていけば可能性を掴めるわけです。

    最初はアームを自分の好みだけで選ぶと思いますが、次第にわかってくるとそのアーム読みが大きく勝負に関わってくることが理解できると思います。とにかくまずは今回挙げたアームを触って長所・短所を理解し、戦う前にアーム読みで優位に立てるようにしていきましょう。

    (C) 2017 Nintendo【ほかの画像を見る】【特集】『ARMS』ランクカンスト・ライターが語る攻略への近道 ─ アーム編



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>






    「真・三國無双8」の新武将「満寵」「周倉」が公開。攻略方法によって難度が変動する「任務の連動」ほか新要素などの情報も
    4Gamer

     コーエーテクモゲームスは本日(2017年7月7日),真・三國無双シリーズ最新作となるタクティカルアクションゲーム「真・三國無双8」の,最新情報を公開した。

     今回は,今作に登場する新武将「満寵」(まんちょう),「周倉」(しゅうそう)が初披露。
     また,攻略方法によって難度が変動する「任務の連動」や,敵輸送部隊の襲撃,動物との遭遇といった新要素,さらに,ゲーム中に再現された「建寧」ほか三国志の主要な都市や,「万里の長城」といった中国大陸の地域・名所などが公開されている。シリーズで初めてオープンワールドを採用した本作がどういった作りとなるのかを想像しつつ,じっくりとチェックしておこう。

    リンク:「真・三國無双8」公式サイト

    名前:満寵(まんちょう)
    字:伯寧(はくねい)
    性別:男
    キーワード:微笑みの謀士
    担当声優:青木崇
    得意武器:射刃槍


    魏の知将。
    計略や罠を巧みに操り、数々の防衛戦で活躍する。
    弁舌にも優れており、旧知の仲である徐晃に曹操への出仕を勧めた。



    名前:周倉(しゅうそう)
    字:-
    性別:男
    キーワード:天下最速の怪力従者
    担当声優:沢城千春
    得意武器:大铡刀


    元黄巾党・張宝の部下。
    臥牛山で山賊に身を落としていた時に憧れていた関羽と再会、従者となる。
    並外れた俊足の持ち主で、その速さは、一日千里を駆ける赤兎馬と同じであったという。
    また、怪力で水練(水泳)に長じ、将としても活躍した。

    天下最速の怪力従者
    3枚目でありながらも、黙っていれば整った顔立ちという、これまでにいそうでいなかったポジションを狙いました。

    周倉の得意武器は、「流れるような演舞」「両手持ちでの力強い斬り」が特徴的な「大铡刀(ダイサツトウ)」です。
    攻撃速度やヒット数によってリーチをカバーします。



    ■都市
    『真・三國無双8』では、主要な都市を専用のモデルで用意します。




    ■名所
    三国志の時代にも存在した名所などを、ビューポイントとしていくつも用意します。今回はその中から「万里の長城」を用意しました。



    ■さまざまな戦闘
    『真・三國無双8』では、任務や依頼以外にも、さまざまな遭遇戦が発生します。





    ■任務連動システム
    『真・三國無双8』では、物語を進めるための任務の難易度が、攻略方法によって変化します。今回は、新野を攻略する場合に、衝車を使わない方法と、衝車を使う方法の、2つパターンを用意しました。




    ■真・三國無双8 衣装






    ―――――――――――――――――――――――――――――
    記事URL:http://www.4gamer.net/games/366/G036645/20170707043/
    →この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
    ―――――――――――――――――――――――――――――
    関連タイトル:
    ・PS4 真・三國無双8

    ―――――――――――――――――――――――――――――
    (C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
    ―――――――――――――――――――――――――――――
    Copyright (C) 2000-2017 Aetas, Inc. All rights reserved.



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    満寵さんはいつごろ活躍した武将なんだろ・・・、郭嘉さんとか郭さん、荀攸さん、荀彧さんあたりはわかるんだけど(^_^;)


    ディフェンスに定評のある満寵さんの能力が見たい


    満寵のデザイン、ブラストと一緒でしかも声優も続投していることにびっくり


    名前だけは知ってる。周倉はスターズで先行実装?されましたね。


    無双昔は結構やったけど、コントローラをよく壊したし、腱鞘炎にもなった。それ以来やってないなぁ!


    ついに風雲満寵城が完全版になるな


    ↓周倉は「前作までずっとモブ」だね


    周倉って昔いなかった?


    魏は曹洪が来るかと思ってたけど、人材が豊富ですなぁ


    うーん、良くある文官+長身の方が良いと思う


    もちょっと別のキャラを・・・。一度投票できるようにしてください。田豊押しです


    周倉はいたような


    満寵は某大戦の影響で小太りの髭おじさんのイメージがあるわ。イケメンだとなんか違和感。


    周倉って前もいなかった?気のせいだっけ?


    呂布がなんかいい感じにふけてるなぁ


    満寵・・・ずっと名前の響きが好きだった・・・


    有名武将であっても活躍時期が短いとゲームとして登場させにくいんだろうなあ


    周倉がイケメンすぎる あの汚いカールおじさんみたいなデザインが好きだったのに


    顔良文醜はなぜ入れない


    王平じゃないのか。残念






    こちらもおすすめ!


    このページのトップヘ