時を巡るRPGアプリ『23/7 トゥエンティ スリー セブン』(C)藤商事
クランクイン!

 内田雄馬と内田真礼が、姉弟で主人公とヒロインを担当するスマートフォン向けRPGゲームアプリ『23/7 トゥエンティ スリー セブン』が今冬に配信することが決定した。同作は、豪華クリエイター陣とKADOKAWA協力による完全オリジナルであり、構想から約2年を経て、人気イラストレーターの凪良やlack(ラック)らが集結する。

【関連】RPGゲームアプリ『23/7 』ビジュアルフォトギャラリー

 本アプリは、世界中の時計から消滅した「9時」を巡るファンタジーRPG。1日が23時間となったにも関わらず、気が付かずいつも通りの日々を過ごす人びと。一方、普通の高校生の神名ヒカリは、「1時」から「12時」の時間を司る時を操る能力を持つ守護者“クロッカーズ”の戦いに巻き込まれ、失われた「9時」を取り戻すため旅立つことに…。

 異次元の軍勢による戦争に巻き込まれた高校生の主人公・ヒカリを演じるのは、内田雄馬。現代の地球世界が存在する次元・バース7の主契約者であり、クロッカーズと共に他次元からの侵略を防ぐため戦うヒロイン、ウルズ・エヴェレットを内田真礼が演じる。

 また、KADOKAWAの協力によるゲームシナリオに加えて、『ヘヴィーオブジェクト』『アルトネリコ』などを手がけた凪良、『Fate/Grand Order』『デュエル・マスターズ』などに参加するlackらがイラストを手がけるキャラクターたちが、アプリの世界観をさらに彩る。

 RPGゲームアプリ『23/7 トゥエンティ スリー セブン』は、2017年冬配信予定。



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>





こちらもおすすめ!


人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット