超スーファミ(太田出版)
ねとらぼ

 「超クソゲー」シリーズの最新刊で、スーパーファミコンの名作・迷作・怪作をレビューした書籍「超スーファミ」(太田出版)が9月15日に発売されます。価格は1500円(税別)。

【画像:10月5日に発売予定の「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」】

 10月5日の発売が発表された「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン(ミニスーファミ)」を記念した1冊で、内容でも新しく収録される「スターフォックス2」以外の20タイトルのレビューをすべて収録。

 その他にも「グラディウスIII」「シムシティ」「高橋名人の大冒険島」「弟切草」「ジョジョの奇妙な冒険」「大仁田厚 FMW」「MOTHER 2」「スーパーファイヤープロレスリングSPECIAL」「クロノ・トリガー」「タクティクスオウガ」「ときめきメモリアル」「糸井重里のバス釣りNo.1」「同級生2」など、さまざまなジャンルから多数のレビューを全320ページに渡り掲載しています。

 また、チュンソフトで「トルネコの大冒険」「風来のシレン」「街」などを手掛けた、いたのくまんぼう氏のロングインタビューを収録。さらに「ゲームセンターCX」とのコラボ特別企画として「スーファミハンター、浅草へ行く! featuring ゲームセンターCX夏祭り in 浅草花やしき」といった記事も収録されています。

 スーファミ世代にはあの頃の思い出が甦る1冊として、ミニスーファミで初めて触れる世代には当時のゲームを知るきっかけとして、読み応えがある1冊となりそうです。



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

ちょーいいやん






こちらもおすすめ!


人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット