スマホゲームラボ

スマホゲームを中心とした、日常、画像、時事情報、面白ネタをまとめるまとめサイトです。 ボルゾイKOUTAブログも管理しています。そちらもよろしくお願いします。





    ゲーム好きな人や得意な人は攻略情報のコメントやアドバイスをお願いします。

    2017年08月


    「ドラクエ」シリーズの原点、ロト3部作がいつでもどこでもプレイ可能に
    J-CASTトレンド

    任天堂は、ニンテンドー3DS向けRPG(ロール・プレイング・ゲーム)「ドラゴンクエストI」「ドラゴンクエストII 悪霊の神々」「ドラゴンクエストIII そして伝説へ...」を、2017年8月10日から順次ダウンロード配信を始めた。

    全てのナンバリングタイトルが3DSでプレイ可能

    かつて「ファミリーコンピュータ(ファミコン)」で発売された"ロト伝説3部作"をニンテンドー3DS向けにリメイク。今回の配信で、DS版「IV 導かれし者たち」「V 天空の花嫁」「VI 幻の大地」を含め、全てのナンバリングタイトルが3DSでプレイ可能になるとのことだ。

    価格は、「ドラゴンクエスト」が600円、「II」が850円、「III」(8月末に配信予定)が1500円(全て税別)。<J-CASTトレンド>



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    ためしに1をダウンロードして触ったが、SFCよりもヌルゲー化してるな。ストレスが無いのはいいけど簡単すぎてRPGなのか? って感じだな。


    全てのナンバリング(9だけDSのまま3DSに突っ込む


    追記: 「全てのナンバリングタイトルが3DSでプレイ可能」って、10のアレをゲームと言い張るなら確かに全て3DSでプレイ可能になるのか。


    まずは1で無装備クリアからやるか。レベル26~28程度で何とかなった記憶があるが。SFC版は1日で余裕を持ってクリアしたし問題ないだろ。


    3だけクッソ高いじゃねーか! SFC版が最後のプレイだから久しぶりだな。FC版の裏技は期待しないが、盗賊4人の種狩りが出来ればいいや。


    ロト3部作やってみたかった


    6を!できれば3Dじゃなくドットのままで出して欲しい・・あのドットアニメーションはホント驚いた!子供の頃は諦めたが今ならムドー後頑張るわ


    やったあああああ


    マジか。3だけやりこんでたから、1と2が気になってた


    PS4で『ほりい とりや ますぎや まどら くえす とぺぺペ』で遊べるよね。


    買わなきゃ…


    3DSでできるなら嬉しい


    ハードが新しくなるたびに毎回出してんなこれ


    1と2はスマホ版とあるが3は不明、どの機種がベースなのだろう……


    リメイクは良いんだけど難易度がクソ下がってるのがちょっとね。


    ドラクエ3リメイクって言ってもな……GBC版をリメイクしてくれ。そしたら買うかも。


    漸く3が出来るようになるのか


    ドラクエ11 と10ぐらいのデータを使いまわして、ドラクエ3を作って欲しいな。


    お待ちしておりました


    IIIだけちょいと高くない?







    コアなAMD党が集まった「Ryzen Threadripper」の深夜販売
    ASCII.jp

    【元記事をASCII.jpで読む】

     8月10日(木)22時、AMDのハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」の販売がスタートした。秋葉原の一部ショップでは恒例の深夜販売を実施。CPUとマザーボードの同時購入で20万円オーバーとなる高額商品ながら、いち早く手に入れるべく熱心な自作ユーザーが集まった。

     深夜販売を行なったのは、ドスパラ パーツ館、パソコン工房秋葉原BUYMORE店、TSUKUMO eX.の3店舗。発売されたのは「Ryzen Threadripper 1950X」(税抜14万5800円)、「Ryzen Threadripper 1920X」(税抜11万5800円)の2モデルだ。

     さらにX399チップセット採用の対応マザーボードの販売も開始。ASRock、ASUS、GIGABYTE、MSIから5モデルが発売となっている。

     深夜販売を行なった3店舗では、事前会計を実施。解禁時間の22時に製品の受け渡しが行なわれた。なお、確認したところ購入したのは秋葉原全体で30人程度。ハイエンド向けということもあり、Ryzen 7発売時のような盛り上がりはなく、静かな深夜販売となった。

     ちなみに、CPUは海外通販を利用しマザーボードだけ購入するというユーザーも多くいた模様。マザーボードは、ASRock「X399 Taichi」やASUS「ROG ZENITH EXTREME」が売れ筋となっているようだ。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>






    バズプラス Buzz Plus

    ゲームソフトの価格は1本5000円~1万円と高額だ。それだけに購入したゲームがひどいクオリティだったときには他の何にも代えがたい絶望感に襲われることとなる。このようなゲームは人々からクソゲーと分類されてきた。

    ・ただただ不快な究極のクソゲー
    クソゲーはクソゲーなりにツッコミを入れながら楽しむことができると思っている人もいるかもしれない。しかしそれは幻想である。クソゲーには愛されるクソゲーと愛されないクソゲーの2種類があり、前者ならツッコミを入れながら楽しむことができるだろう。しかし後者はただただ不快な気分にさせられる最低なゲームだ。プレイしていてもまったく笑えず、苦痛しか感じられないまま速攻で電源を切る。そんな愛されないクソゲーも残念ながら数多く存在するのだ。

    そこで今回は編集部の独断と偏見で選定した「愛されない伝説のクソゲーランキング ワースト10」を発表する。対象となるゲームは日本で発売されたゲーム機のソフトで、PCゲームや海外ゲームは含まないこととする。

    ・愛されない伝説のクソゲーランキングワースト10
    1位 トランスフォーマー コンボイの謎
    横スクロールのアクションゲームだが、主人公は敵に触れたり弾に当たれば即死。しかも敵の弾が極端に小さく、攻撃数も多いために開始数秒で即死を連発してしまい、瞬く間にゲームオーバーとなってしまう。なぜやられたのかさえ把握できないレベルで殺されまくるという不愉快極まりないクソゲーだ。

    2位 星をみるひと
    最低最凶のRPG。タイトル画面が終わると何の説明もなくフィールドに放り出され、ストーリーがまったくわからない。序盤から強敵が出現しまくり、しかも逃げられない。フィールド上でいつの間にかダメージを受け、死んでから気付くなど、説明一切なしで無茶苦茶なことが起こりまくる、ただただ不快なゲームなのだ。

    3位 里見の謎
    縦に進んでいくだけでゲームを進められるという画期的なシステムが導入されたRPGだが、それ以前にシナリオが意味不明すぎる上に、登場人物の名前を自動(ランダム)で決めるシステムがヤバイ。ひらがな5文字がランダムで並べられ、「ーぃゑーっ」というように読めない名前になることも多い。

    4位 キテレツ大百科
    何故か意味不明な世界観になってしまったアクションゲーム。移動中に突然重力が逆転してキテレツが画面上部に飛んで即死するなど全体的に難易度が高く、原作の世界観をぶち壊しまくっている。

    5位 エグゼドエグゼス
    2人同時プレイのできるシューティングゲームだが、まともにプレイできるのは序盤のみ。敵が増えてくると激しく画面がチカチカし始め、ゲームをまともにプレイできなくなる。敵機ではなく眼精疲労との戦いとなってしまうのだ。

    6位 ストリートファイター2(ゲームボーイ版)
    スーパーファミコン版のストリートファイター2が大ヒットしたのを受け、なぜかゲームボーイでも出してしまった問題作。ファミコンのゲームの移植でさえも目いっぱいなゲームボーイでスト2を再現するという時点でグズグズになることは誰もが容易に想像できたはずである。

    7位 舛添要一 朝までファミコン
    ますぞえである。

    8位 ジーコサッカー
    なぜかマウスで操作をするスーパーファミコンソフト。サッカーゲームなのに対戦モードはなく、世界24カ国の変名チームと実名の鹿島アントラーズが登場するという謎設定。大量に売れ残ったのかワゴンセールの常連で、10円でたたき売りされていることもあったそうだ。

    9位 北斗の拳7
    スーパーファミコンで発売された史上最悪の格闘ゲーム。奥義を出すのがとてつもなく難しいのに、奥義を使わなければ相手をKOできない。しかも時間経過で体力が回復するため、対人戦では奥義を出せないまま、ただただ時間だけが過ぎていくことになる。

    10位 光GENJIローラーパニック
    1980年代後半の人気アイドル・光GENJIのゲームなのだがストーリーが凄まじくひどい。メンバー7人のローラースケートが盗まれたため一般人と一緒に事件を解決させるというものなのだが、そもそも警察に通報するべきであり、ローラースケートを買い直せば一発解決である。登場するメンバーのグラフィックがまったく似ておらず、目が死んでいるのもつらい。

    ・ネタでもプレイすることは推奨できない
    これらのゲームは残念ながらとても楽しむことなどできない。ツッコミ要素のない、ただただ不快で愛されないゲームなのである。もはやゲームと呼べるのかさえも疑問符がつくレベルだ。

    しかしここまで突き抜けたクソゲーが反面教師として存在したからこそ、たくさんの素晴らしいゲームが誕生してきたのだろう。プレイすることは推奨できないが、記憶にはしっかり留めておきたい。

    もっと詳しく読む: 世界最凶! 愛されない伝説のクソゲーランキングワースト10を発表(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/08/10/aisarenai-kusoge/



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    ワーストの使い方に違和感


    エルナークが入ってなかった


    ジーコサッカーは、SFC改造エロゲとして再降臨しただろいいかげんに・・・うっ、頭が・・・


    プレステやサターンで発売された格ゲーの何割かは言い訳できないほどクソゲーだらけだったよ……。


    愛されないと謳いつつコンボイの謎を1位にしてる時点でおかしい。アレはネタ的に愛されてる部類だぞ。難易度も理不尽ってほどではない


    最初に買ったクソゲ―はアーバンチャンピオン。買ってすぐがっかりした


    コンボイはひどすぎて逆にプレイ楽しかったよ!!クリア?出来るか**野郎!!


    「サクラ大戦」でこれまでのゲーム全部売り払って温泉に行きました


    コンボイ無理とか言ってるやつは、小1の俺よりゲーム下手だぞw何分初めて買ってもらったのがコンボイでな!


    北斗の拳7持ってたけど、あれよりひどいゲームなんか腐るほどあるで。


    バードウィークが入ってないやり直し


    TAO ~道~がやばいよ。新興宗教にはまっていく主人公とか。あと音楽が有名なシルバーサーファーは判定が大きすぎてクリア不能だろ


    きゅーぶ兄貴>あぁ!それって(リアルに基づいた仕様だとかほざいている)FPSモノ?


    (´・ω・`)デスクリムゾンだと思ったら違った


    マインドシーカーじゃないのかッ!


    本当にksだったら記憶に残らないけどなーw


    星をみるひと ファンがフリーソフトを作るぐらい愛されて居るぞ!システムにマシンスペックが追いつかなかっただけなんだよw


    ダメジャーが入ってない


    コンボイの謎は、愛されてアプリでリメイクしたじゃ無いか!難易度そのままでw


    上位5くらいまでは普通に愛されてるゲームじゃん







    「テラバトル2」,ダウンロードスターターの詳細が明らかに。オンライン協力プレイ「共闘」のプレイムービーや,守護者の情報も紹介
    4Gamer

     ミストウォーカーは本日(2017年8月10日),今夏に配信予定の新作タイトル「テラバトル2」(iOS / Android / PC)で実施する,ダウンロードスターターの詳細を発表した。
     2014年にリリースされた「TERRA BATTLE」(iOS / Android)でも同様の試みが行われていたが,今回はそのシステムが若干変更される。毎月初めにアーティストと目標ダウンロード数を発表し,その月に目標を達成できれば,参加する形になるという。


     現時点で参加が明らかにされているのは,デザイナーの上国料 勇氏,直良有祐氏,アートディレクターの渋谷員子氏,現代アーティストの小松美羽氏,墨絵・陶墨画アーティストの西元祐貴氏ら5名。一部挿絵や守護者のイラスト,インタビュー映像が公開されたので,掲載しよう。

    上国料 勇氏インタビュー映像
     https://www.youtube.com/watch?v=7-rCdMhGWfA
    直良有祐氏インタビュー映像
     https://www.youtube.com/watch?v=F-qwBnLv7HA
    小松美羽氏インタビュー映像
     https://www.youtube.com/watch?v=nTnRTmqt7go
    西元祐貴氏インタビュー映像
     https://www.youtube.com/watch?v=kHMkwMRPyTs


    上国料勇プロフィール
    1999年、スクウェアに入社。『ファイナルファンタジーX』でコンセプトアートを、『ファイナルファンタジーXII』では背景などのアートを担当。『ファイナルファンタジーXIII』ではアートディレクターを、『ファイナルファンタジーXV』では直良氏、長谷川朋宏氏らとアートディレクターを務めた。2017年3月にスクウェア・エニックスを退社し、現在はフリーで活躍。



    小松美羽プロフィール
    1984年長野県生まれ。幼少期より自然豊かな環境で様々な生き物と触れ合い、その死を間近で見届けてきた経験から独特の死生観を構築、死の美しさの表現を目指す。

    2003年に女子美術大学短期大学部入学。線の美しさに惹かれ銅版画の制作を行う。20歳の頃に制作した銅版画「四十九日」はその技術と作風が高く評価を受け、プロ活動への足がかりとなる。近年は銅版画の他に、アクリル画や有田焼など制作の幅を広げ、死とそれを取り巻く神々、神獣、もののけをより力強く表現。2012年に出身である坂城町の「鉄の展示館」、北野美術館別館にて個展を開催。

    2014年には上田私立美術館にて個展開催の他、出雲大社へ作品を奉納。庭園デザイナー・石原和幸氏とのコラボレーションにて「チェルシーフラワーショー」(イギリス)へ有田焼の狛犬作品を出品し、ゴールドメダルを受賞。翌年、出品作の狛犬作品が大英博物館へ収蔵され、国際的に注目を集める。

    2016年には東京ガーデンテラス紀尾井町でのライブペイントをはじめ、日本各地で精力的に活動を行う側、長野県・軽井沢G7交通大臣会合アンバサダーを勤め上げるなど国内でも活躍。11月にはニューヨークにて作品を発表し、作品はワールドトレードセンターにも収蔵される。2017年は劇中画の制作に努めた映画「花戦さ」の公開、SONY「Xperia」のCM出演にとどまらず、香港・台湾にて個展が予定されている。

    小松美羽公式サイト:http://miwa-komatsu.jp


    西元祐貴プロフィール
    墨絵・陶墨画アーティスト
    1988年鹿児島県生まれ。ジェニエット合同会社所属。
    伝統的な技法にとらわれず、大胆さと繊細さを持ち合わせたタッチで「躍動感」、「力強さ」を追求した作品を展開する。
    龍や侍などの古典的なモチーフから、スポーツ選手やミュージシャンなどの斬新なモチーフを描く。
    海外での個展やライブパフォーマンス、CGや動画、様々な分野とのコラボレーションなど、型にはまらない活動スタイルで、日々新しい表現方法を模索し、世界を舞台に活動中。


    西元祐貴氏関連サイト
    ・公式サイト:http://yuki-nishimoto.com
    ・公式Instagram:https://www.instagram.com/yu_ki.nishimoto
    ・公式Facebook:https://www.facebook.com/yuki.nishimoto.works


    直良有祐プロフィール
    1993年、スクウェアに入社。『ファイナルファンタジーVI』からシリーズの開発に携わり、以降のシリーズでアートディレクターを担当。『フロントミッション』シリーズを筆頭に、数々の作品でデザインを担当し、『戦国IXA』などのゲームアプリでもキャラクターデザインを手掛ける。2016年9月にスクウェア・エニックスを退社し、現在はフリーとして出雲と東京を拠点に活動中。



    渋谷員子プロフィール
    CGデザイナー/アートディレクター。
    旧スクウェア時代から現在のスクウェア・エニックスに至るまで「ファイナルファンタジー」や「ロマンシングサ・ガ」シリーズなどキャラクタードット絵やデザインを手掛けてきたグラフィックデザイナー。「FFI」のオープニングシーンなど、今なおプレイヤーの記憶に印象深く刻まれている多数のグラフィックを担当し、「ドットの匠」としてファンを魅了する。近年はアートディレクターとしてモバイル用タイトルのデザイン監修や、音楽CD「FINAL FANTASY TRIBUTE〜THANKS〜」のジャケットデザイン、ファイナルファンタジーの吹奏楽コンサート「BRA★BRA FINAL FANTASY BRASS de BRAVO」のメインビジュアルドット絵など、さまざまなシーンで活躍している。


     また,ゲームシステムに関する情報として,オンライン協力プレイである「共闘」の内容が公開された。これは,プレイヤーが2体のキャラクターを選び,総勢10名・20体のキャラクターで,フィールド上にいる巨大な敵を倒せるかに挑戦するというもの。
     操作方法は通常のバトルと異なり,2体のキャラクターを一定時間内に何度でも,それぞれ別々に移動可能とのこと。多人数でのバトルとなるため,ポジションが重なる場合もあるそうだが,そのときは先にポジションに着いた側が優先となり,遅れたものは隣接するマスに移されてしまうそうだ。これにより,安全地帯に逃げ込むときなどに“椅子取りゲーム”的な要素も発生するという。


     バトル中は“共闘エモーションアイコン”と定型文を使ってコミュニケーションが可能だ。これら要素を確認できるプレイムービーも公開されたので,ぜひチェックしてみよう。

    ムービー(※4Gamerへジャンプします)

     さらに,守護者「ケントム」「コウ」「ポーラ」「リボル」らのイラストが公開された。
     ちなみに守護者は,物理攻撃スキルを主に使用する「戦士」,物理と魔法の両方が組み合わさったスキルを使える「魔導剣士」,魔法を使った攻撃が可能な「魔導師」,回復や状態異常の治癒が可能な「ヒーラー」に大別できる。
     装備品は,武器(剣,日本刀,槍,弓,杖,短剣)と防具(帽子,兜,服,鎧)を用意。右手にメイン武器を,左手にサブ武器か盾を持たせられる。なお,兜と鎧は物理防御力を,帽子と服は魔法防御力を上げたいときに有効とのこと。



    ケントム
     土属性、剣つかいの魔導剣士、SSクラス
     上官に心酔する近衛兵団員。
     男気と色気と才気にあふれる団長に憧れ兵士を目指し、その夢を叶えた。


    コウ
     炎属性、槍(斧)つかいの魔導剣士、SSクラス
     うら若き騎士。
     小さな領地を治める領主でもある。
     豪華絢爛な装備品の数々は先代から受け継いだもの。


    ポーラ
     ヒーラー、SSクラス
     魔女っ子漫画が大好きな夢見がち魔導士。
     衣装はすべてお手製。バリエーションも豊富である。


    リボル
     光子属性、魔導師、SSクラス
     光子溢れる魔導機械兵器。
     たしかに兵器ではあるが、ガードとして有効性は家庭用においてより発揮された。


     このほか,テラバトル2のキャラクター達が掲載された画集の中身も公開されたので,こちらもお見逃しなく。



    リンク:「テラバトル2」公式サイト


    ―――――――――――――――――――――――――――――
    記事URL:http://www.4gamer.net/games/385/G038551/20170809064/
    →この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
    ―――――――――――――――――――――――――――――
    関連タイトル:
    ・iPhone テラバトル2
    ・Android テラバトル2
    ・PC テラバトル2

    ―――――――――――――――――――――――――――――
    (C)MISTWALKER/Silicon Studio Corp.
    ―――――――――――――――――――――――――――――
    Copyright (C) 2000-2017 Aetas, Inc. All rights reserved.



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>






    「.hack//G.U. Last Recode」,「Vol.4 あるいは世界を紡ぐ蛇たちの見る夢」の序盤,ハセヲの5thフォーム,謎の少女「クサビラ」などを紹介
    4Gamer

     バンダイナムコエンターテインメントから2017年11月1日に発売予定の「.hack//G.U. Last Recode」(PC / PS4)。
     オリジナルである「.hack//G.U.」は,架空のMMORPG「The World」(※G.U.ではR:2)で“2017年”に起きた事件とそれに関わった人物達の物語を描いたRPGで,2006年から2007年にかけて3部作がPlayStation 2用ソフトとして発売された。
     本作は,この3部作を一つにまとめ,フルHD化などグラフィックスの強化やシステムの調整などリマスターを行い,さらに新要素を追加したタイトルとなる。
     中でも注目は,追加エピソード「Vol.4 あるいは世界を紡ぐ蛇たちの見る夢」が追加され,“その後”の物語がプレイできるという点だろう。

     本稿では,追加エピソードでハセヲが得る新たな力“5thフォーム”や物語のカギを握る少女「クサビラ」,物語のプロローグと舞台になる「クア・ホルム大空洞」を紹介しよう。
     なお本稿の内容は,Vol.3クリア前提のネタバレ要素が含まれているので,その点を了承したうえで読み進めてほしい。

     Vol.4は“あの事件”から1年3か月後,2018年末の物語が描かれる。
     ハセヲは「The World」を引退し,ネットワークの彼方に消えたオーヴァンの調査をしていた。その居場所を突き止めたハセヲは,再び「The World」にログインする。
     オーヴァンは,新たに見つかった“ロスト・グラウンド”の「クア・ホルム大空洞」で巨大な氷柱に閉じ込められている。しかし氷柱は,ハセヲの力をもってしても破壊できず,オーヴァンを救い出すことはできなかった。




     オーヴァンを助けるべく,ハセヲのもとにかつての仲間達が再び集うが,「The World」は“2018年12月31日”でサービスを終了することが決定している。ハセヲ達は,サービス終了までにオーヴァンを救い出し,今度こそ“最後の約束”を果たせるのか――というのが,Vol.4のプロローグとなる。


     そして,物語のカギを握るとされているのが,オーヴァン救出の手がかりを探すハセヲの前に現れる,謎の少女「クサビラ」だ。今のところ,見つかったばかりのクア・ホルム大空洞のことをなぜか知っている,といった程度の情報しか公開されていない。どのようなキャラクターなのかは,続報で明らかにされるのを待とう。


     なお,公式サイトでVol.4のアイコンとして使われていたキャラクターは,Vol.4でハセヲが「Xthフォーム」からさらに“ジョブ・エクステンド”した姿「5thフォーム」であることが判明した。
     ハセヲが持っている剣は“大剣”に分類されるように見えるが,スクリーンショットを見ると,その特殊な形状からどのような攻撃を繰り出すのか,気になるところである。


     なお,先日「こちら」の記事で紹介したが,PC版とPS4版が発売される本作には,通常版とPS4版パッケージ限定の初回限定版(.hack//G.U. Last Recode PREMIUM EDITION)が用意される。
     ゲームの収録内容,早期購入特典,通常版と限定版の違いをそれぞれまとめておくので,購入予定の人はどれにするか,お財布と相談しながら決めてほしい。

     ゲームには「.hack//G.U.」3部作(Vol.1 再誕/Vol.2 君想フ声/Vol.3 歩くような速さで)に加えて,オリジナルではVol.1に同梱されていた映像集「ターミナルDisc」,および追加エピソード「Vol.4 あるいは世界を紡ぐ蛇たちの見る夢」が収録される。
     なお,リマスターで進化したポイントについては,「こちら」の記事を参照してほしい。

     早期購入特典の「.hack//G.U. Last Recode オリジナルテーマ」はPS4版のみが対象。パッケージ版(通常版/初回限定版)は初回生産分限定でプロダクトコードが封入,ダウンロード版(通常版)は2017年11月28日23:59までの期間限定で付与される形になる。
     テーマのCGイラスト2種は描き下ろしで,BGMはVol.1のメインテーマソング「やさしい両手」に変更できる。もちろん,アイコンもカスタマイズされている。


     初回限定版が提供されるのはパッケージのPS4版限定で,価格は税抜で計算すると通常版+3000円に設定されている。パッケージが“特製スペシャルBOX”仕様で提供されるほか,ゲーム本編のBlu-ray Discに加え,以下の特典が同梱される。

    ・楽曲CD「オリジナルサウンドトラック」
    ・ドラマCD「.hack//G.U. Innocent Call」(Vol.3とVol.4の間をつなぐエピソード)
    ・アニメBD「.hack//G.U. Returner」(Vol.1〜3の全巻購入者特典DVDだったアニメをBlu-ray Disc化)
    ・プレミアムブックレット「SECRET FILE」(書き下ろし小説「.hack//G.U. RAGTIME」とVol.4の設定資料集)


     なお,パッケージ版の早期購入特典や初回限定版は数に限りがあり,なくなり次第終了となるほか,店舗によっては取り扱いがないこともあるので,事前に店頭で確認しておこう。

     本作の発売日までは約3か月あるが,リマスターに加え新エピソード追加となれば,“新作”を待っていたファンには見逃せないところ。また,「.hack//G.U」シリーズをプレイしたことがない人は,この機会に購入を検討してみてほしい。


    リンク:「.hack//G.U. Last Recode」公式サイト



    ―――――――――――――――――――――――――――――
    記事URL:http://www.4gamer.net/games/385/G038540/20170804058/
    →この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
    ―――――――――――――――――――――――――――――
    関連タイトル:
    ・PC .hack//G.U. Last Recode
    ・PS4 .hack//G.U. Last Recode

    ―――――――――――――――――――――――――――――
    ©.hack Conglomerate
    ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
    ―――――――――――――――――――――――――――――
    Copyright (C) 2000-2017 Aetas, Inc. All rights reserved.



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>





    こちらもおすすめ!


    このページのトップヘ